頭痛 治し方

頭痛の治し方

頭痛には、大きく「偏頭痛」「緊張型頭痛」の2種類があります。

 

「偏頭痛」は、脳の血管が拡張して、三叉神経を刺激することによって起こります。「偏頭痛」とはいいますが、脳の片側が痛いこともあれば、両側が痛いこともあります。ストレスの減る休日などに、解放感から脳の神経が拡張し、「偏頭痛」になる方もいます。

 

「偏頭痛」の場合は、脳の血管が拡張することが原因なので、刺激を控えて休息するのがベストです。またその他、血管を収縮するカフェインなどを取ったり、血管を収縮させるために冷たいタオルで冷やすと、落ち着くことがあります。一方、赤ワインやチーズ、チョコレートなど、血管を拡張したり血圧を上げるようなものを取ると、悪化してしまうので注意してください。

 

「緊張型頭痛」は、首や肩などが緊張することで、筋肉にたまった老廃物が、神経を刺激して起こります。「緊張型頭痛」は、パソコン仕事など、デスクワークの多い方に起こりやすいです。

 

「緊張型頭痛」の場合は、痛む部分を冷やすのは逆効果です。逆に、首や肩を温めて、血行をよくするのがオススメです。

 

現代の日本人のうち、8%に「偏頭痛」が見られ、20%〜30%の方に「緊張型頭痛」が見られると言われています。そのため、日本人の3人に1人は、頭痛を持っているというほど、現代人は頭痛が多いんですね。

 

「偏頭痛」も「緊張型頭痛」も、長い方だと3日程度続くこともあり、とてもしんどいものです。そのため、月に3〜4回以上頭痛がある方の場合は、頭痛予防をしておくのがいいと言われてます。

 

現在は、頭痛予防のための『頭痛サプリ』も多く開発されており、特に、ヨーロッパで古くから頭痛用のハーブとして使われてきた「フィーバーフュー(ナツシロギク)」という天然植物を用いた『頭痛サプリ』が人気があります。

 

「フィーバーフュー」は、「偏頭痛」にも「緊張型頭痛」にも役立つハーブとして有名です。「フィーバーフュー」を使った『頭痛サプリ』をリストにしましたので、頭痛予防をしたい方は、チェックしておいてもいいかもしれません。

 

 

定番の『頭痛サプリ』。フィーバーフュー配合で、マグネシウム用には「にがり」を使用。天然成分へのこだわり。

 

 

 

フィーバーフュー・マグネシウム配合。

 

 

 

フィーバーフュー(ナツシロギク)・マグネシウム配合。

 

 

 

 

「フィーバーフュー」配合の、頭痛サプリの定番

『ずきしらずの実』公式通販サイトはこちら

↓ ↓ ↓