頭痛 サプリ

頭痛サプリ

「頭痛」といっても、大きく分けて、「片頭痛(偏頭痛)」「緊張型頭痛」の2種類があります。

 

一般的には「片頭痛」は頭の片側か、両側が痛くなると思われがちですが、「片頭痛」で頭全体が痛くなる場合もあります

 

2007年1月17日に放送された「ためしてガッテン」によれば、おじぎを3〜5回して、頭痛がひどくなったら「偏頭痛」で、頭痛に変化がなければ「緊張型頭痛」だと言われています。

 

しかし実際は、「片頭痛」と「緊張型頭痛」の判別は難しく、また「片頭痛」と「緊張型頭痛」の両方の頭痛を持っている方も、多いんですね。

 

最近、人気を集めている『頭痛サプリ』は、「フィーバーフュー」と呼ばれる植物を使っており、血管の収縮・拡張を調整し、血流を改善する目的で作られています。そのため、血管が拡張して三叉神経を刺激し、頭痛の起こる「片頭痛」の方に、主に役立つ商品です。

 

一方、「緊張型頭痛」は、首や肩の凝りによって血流が悪くなり、老廃物が貯まることにより神経を刺激します。そのため「フィーバーフュー」を用いた「頭痛サプリ」は、「緊張型頭痛」の方に適しているかどうかは、不明な部分が多いです。

 

 

ただし「フィーバーフュー」を使った『頭痛サプリ』は、血流を良好にするため、「緊張型頭痛」にも役立つ可能性もあります

 

また『頭痛サプリ』には、「マグネシウム」や、マグネシウムの多い「にがり」が含まれています。現在人の3〜5割の方がマグネシウム不足で、3〜5割の方が、通常の脳内マグネシウム濃度よりも19%も低いと言われているんですね。

 

「マグネシウム」は、筋肉の緊張や弛緩のバランスを取ると言われています。そのため、この「マグネシウム不足」が、頭痛の原因の一つになっているとも言われています。もし、「緊張型頭痛」の原因が、「マグネシウム不足」と関係している方なら、『頭痛サプリ』は役立つかもしれません。

 

「フィーバーフュー」と「マグネシウム」の含まれた『頭痛サプリ』を、リストにしました。頭痛に悩まされている方は、一度、チェックしておくといいかもしれません。

 

 

定番の『頭痛サプリ』。フィーバーフュー配合で、マグネシウム用には「にがり」を使用。天然成分へのこだわり。

 

 

 

フィーバーフュー・マグネシウム配合。

 

 

 

フィーバーフュー(ナツシロギク)・マグネシウム配合。

 

 

 

 

「フィーバーフュー」とマグネシウム用に「にがり」の入った

定番の頭痛サプリ『ずきしらずの実』

公式通販サイトはこちら

↓ ↓ ↓